不妊治療っていくらぐらいかかるものなの?

不妊治療に関しては費用は個人差があるのでいくらと決めるのは難しいものがあります。

 

治療方法、治療期間によっても金額に差が出ます。

 

高齢になればなるほど流産のリスクもあがるので費用が高くなる傾向にあります。

 

 

不妊治療の方法や費用は?

 

 

不妊治療の方法別に費用をみてみましょう。

 

タイミング法

 

まず最初に行う方法です。
排卵日をある程度特定できれば、排卵日の前後3日の時に性行為を行って妊娠を目指します。

 

比較的若い方向けでありますが、本人が希望すれば年齢に関わらず受けることは可能です。

 

1回あたり1~2万円程度。
通常半年程度様子を見て、効果がなければ次のステップへと移ります。

 

人工授精

 

タイミング法の次のステップとなります。
男性の精子を採取して、人工的に子宮に入れていく方法です。

 

受精は自然に行うものなので自然妊娠に近い妊娠になります。
1回あたり2~3万円程度です。

 

体外受精、顕微授精

 

不妊治療の最終ステップになります。

 

体外受精では卵子と精子を採取するところまでは一緒ですが、受精は自然に任せます。

 

顕微授精では受精も人工的に行います。
体外受精は10~30万円程度、顕微授精では30~50万円程度が1回の治療でかかります。

 

 

病院や治療期間によっても異なります

 

 

これらはあくまでも1回あたりの金額ですので、トータルではもっと大きな金額がかかります。

 

タイミング法だけで妊娠すれば10万円程度で済みますが、体外受精などで数回治療を行えば100万円を超えるのも珍しくありません。

 

治療期間が長くなれば当然高額になります。
保険外診療に関しては病院によっても費用が異なりますので事前に調べておきましょう。

 

平均では治療期間2年、費用が150万円程度といった数字が出ていますが、こればっかりは人によって違いますのであまり気にしない方がいいかもしれません。

 

体外受精、顕微授精の場合は補助金がもらえるケースや、入っている医療保険によっては少し保険金が出ることもありますので調べてみましょう。

 

補助金に関しては市役所や保健所に問い合わせて条件を確認してみてください。
その際に病院も指定されますので合わせて確認が必要です。