多嚢胞性卵巣症候群だと妊娠は厳しい?原因と解決方法は?

多嚢胞性卵巣症候群は卵胞の成長が悪く、排卵前にたくさんたまって、くっついてしまう症状です。

 

そのまま放置すれば無排卵になり、不妊となってしまいます。生理不順に気づいた時点で早目に病院に相談してください。

 

多嚢胞性卵巣症候群の解決方法はあるの?

若い女性でもこの症状になる方はまず食生活や運動を気を付ける必要があります。

 

ストレスでついつい甘いものやこってりとした高脂肪のファーストフードなどを食べてはいませんか?甘いものを絶対食べてはだめ、としてしまうとやけ食いに走ってしまいますので、食べる量をある程度決めて、飲み物を無糖のお茶にしてみるなど、できることから始めてみましょう!

 

サプリなどで補う

食事ももちろん気を付けるポイントではありますが、仕事が多忙だったり、食事を作る余裕がない方もいるでしょう。

 

そういった方は、サプリや青汁などの活用をおすすめします。もちろんこれらはあくまでも補助的なものですので、これだけに頼るとうのではなく、足りない分を補いというイメージです。

 

ピニトールが効果的?

多嚢胞性卵巣症候群には最近ピニトールと呼ばれる効果的なサプリが出てきました。

 

ピニトールは、血糖値を安定させて糖尿病や肥満を予防する効果があります。ある程度の食事制限や運動をしても効果が出ない方は併用してみてはどうでしょうか?

 

ホルモンバランスを安定させたり、冷え性改善の効果もありますので女性にはおすすめの成分です。主に大豆やルイボス、アイスプラントに含まれていますが、食事だけでは不足しますのでサプリをおすすめします。
ピニトール配合のサプリはこちらの妊活サプリがおすすめ!
妊活サプリはこちら

 

 

青汁も葉酸摂取の助けとなるでしょう。とはいっても葉酸サプリと比較すると少し足りないなという印象がありますので、プラスワンを自分なりに見つけてはどうでしょうか?

 

もちろんビタミン、ミネラルも必要となりますので一緒に配合されたサプリを見つけておくと便利です。

 

運動は継続が大切

運動に関してはいきなりハードな運動はしなくても大丈夫。継続できるものを見つけるのが大事なので、まずはウォーキングやストレッチ、簡単なヨガあたりがおすすめです。

 

自宅でできるDVDや本を活用して寝る前にストレッチを行うという方もいます。テレビで座ってできる体操を放送していることもありますので、活用できるものを探してみてはどうでしょうか?