葉酸サプリの副作用リスクを回避するためには?

葉酸は過剰摂取しなければ副作用はほとんどないはずです。

 

ただし、値段が安価なものや化学合成のもの(石油由来)であれば過剰摂取でなくても副作用が出る場合もあります。

 

購入前には由来や含有量もきちんと見ておきたいですね。

 

 

 

気を付けることやおすすめの飲み方は?

 

まずは過剰摂取を気を付けること。
飲み忘れがあっても一度にたくさん飲んではいけません。
規定量をきちんと守ることがまず大事ですね。

 

たくさん飲んでも体に貯めておくことは不可能ですので毎日同じ量を飲んでいくことが大事です。

 

また葉酸は時期によって必要な量も変わります

妊娠前から妊娠初期には400μgですが、妊娠中期以降は250μg程度でかまいません。

 

そのためサプリは含有量の表記があるもの、量の調節が簡単なものを選ぶといいですね。

 

葉酸だけで貧血予防ができるわけではありません。

 

 

他のビタミンやミネラル、鉄分なども一緒に摂取しないと葉酸本来の力を発揮できませんのでサプリを購入するときは葉酸以外にもビタミンB6、12、鉄分、カルシウム、ミネラルなどが配合されているものを選ぶのがベストです。

 

サプリの由来や飲み合わせにも注意しましょう

 

そして葉酸サプリも由来や含有量をしっかり見てから購入してください。

 

金額が極端に安いもの、千円以下のものはまず化学合成で石油由来と考えていいと思います。
由来表示がなく、葉酸としか書いていないものは避けてください。

 

合成葉酸も葉酸の由来が天然由来で吸収率を高めるために合成されているのであれば大丈夫です。

 

合成葉酸イコールすべてだめではありません。
天然葉酸は吸収率が半分程度なのでたくさん飲む必要があります。

 

病院から葉酸を処方されることもあります。

ただし、薬として処方されるものは金額が高価なので、医師が市販のサプリを紹介してくれることもあります。

 

医師はいろんなサプリを知っていることも多いので、どれがいいかわからないときは聞いてみるのもいいですね。

 

この際に、一緒に飲んでいる薬や食べ物を伝えて、飲み合わせが悪くないかを確認しておけばなお安心です。
摂取量と葉酸の由来をしっかり確認しておけば、副作用のリスクを回避できますので慌てずにじっくり選んでみてくださいね。